治療方針policy&FAQ
治療方針
「予防歯科」的な診療を心がけてます。
簡単に言いますと、歯を守りたいと思ってます。
歯を失う原因として「虫歯」「歯周病」
「力」が関係しています。


「虫歯」も「歯周病」も現代医学では原因が解明されてます。しかし、治療方法は多岐にわたり、画一的な治療方法はありません。
一人ひとりの条件に合わせて、そして残存している歯や歯周組織に対して、どのような処置が理想的か?それとも、理想は別として、妥協案を受け入れるか?
accdb8c8d9a084e4915170779db163ad_s.jpg
健全な組織を最大限に残すことは理想的だけれども、時に、妥協案を強いられる事も考えられます。最小限の侵襲で、最大限の効 果を出したいと考えています。

問診

現在の痛み、お悩み、歯の事に関して、全身的なこと、治療の際のご自身のご希望、などをお聞きします。
 
検査・カウンセリング

現在の歯と歯周組織の状態をチェック レントゲン写真、口腔内写真、歯周組織検査。現在の状況の概要の説明。今後の治療の方向性。理想的な方法、妥協案の確認。
治療計画の立案

歯の治療は不確定な要素が多いのが実情ですが、とのような治療方法があるかご説明します。インフォームドコンセント(説明と同意)。ご本人の考え方を尊重しますのでいろいろとご希望を聞かせてください。利点欠点を踏まえてお考えください。
治療

保険治療は国の定める基準に合致する場合、支給されます。手順、期間、材料などに制約がありますが、保険治療では理想的な事はできませんが、大抵の治療方法を網羅しています。保険を使わずに、自費治療を行うというのも選択肢にあると思います。ご自身の歯や、歯周組織、咬み合わせを守るために、自費治療の選択もあると思います。

現状を維持させるためのメンテナンス
しっかりした手入れをすれば、歯も長持ちする可能性が上がります。大事に使えば、その結果が出るということになります。


FAQ よくあるお問い合わせ

歯の治療は痛くなってから、歯科医院に行ったほうがいいですか?

昔、歯医者さんでの治療は、「痛くなってから」とか「症状が出てから通院する」ことが普通だった時代があります。
しかし、現在では、歯の痛みが出るということは、「歯の危険信号」と考えてください。歯を失うことになる可能性も秘めてます。虫歯も初期の状態では痛みはありません。痛みが出てくるぐらい進行してしまうと・・・痛みが出るということは歯の内部の神経に影響が出るぐらい 虫歯が深くなっているという状況です。
4c1e126a0300597e6a3ffd84a9a5f365_s.jpg
歯の神経を除去する必要が出てくるかもしれません。(歯の神経の治療というのは、歯の神経を取り除く処置です。)歯 の神経がなくなると、歯は格段に弱くなります。歯周病も、初期の段階では痛みや出血もほとんどありません。歯周病は痛みが無く進行するのが特徴です。(慢性疾患)虫歯も歯周病も、原因は特定されてます。ということは予防できる病気なのです。あなたは、それでも痛みが出てから、歯科治療を始めますか?

歯医者さんの治療は痛いですか?

そうですね。痛い治療になるということは、ほとんどの場合、悪い状態だったということです。悪くなる前に、定期的に歯医者さんで汚れ取りをしたり、歯医者さんで歯を長持ちさせる方法を個別に聞いたり・・・ご自身も歯の事で詳しくなられると、痛い思いをしなくて済む可能性が高くなります。

ひじい歯科では、院長、スタッフ一同、お口のお悩みに丁寧に対応していきたいと思ってます!
お口のことで、気になることは何でもお聞きください