治療について
質問にお答え下さい
答えをクリックして下さい。

・歯周病の原因として一番大きな要素は? 
 
A)歯石  B)歯垢  C)歯ぎしり


「笑う角には福来る」
最近、笑顔出してますか?
美しさは、健康の上に成り立っていると思います
口腔の健康は「食べる」「話す」に大きな関わりを持っています


ひじい歯科では、皆様の「歯と歯周組織」の健康をサポートしていきたい!
と考えております

「歯と歯周組織」の健康作りは、歯科医院での治療だけでは達成できません
「ご自身の毎日のセルフケア」と「歯科医院でのプロフェッショナルケア」の二人三脚が重要です口腔は、食べ物の入り口です

健康で長生きする為、頑張ってメンテナンスしていきましょう!
何でも食べられるというのは素晴らしい事だと思います

皆様のご健康とご多幸を
お祈りいたしております
院長


「銀歯」で大丈夫ですか?
→保険の被せ物(補綴)は基本的に銀歯です。奥歯には、大きな力が加わります。
それに対応できる強度があります。
※前歯は保険で銀歯の前面に白のプラスチックを貼れます。

今までに「金属アレルギー」はありませんでしたか?
→アクセサリー等に金属アレルギーはありませんか?
保険の「銀歯」は金、銀、銅、パラジウム等を含有。
義歯の金属部分にはコバルト、クロムが入っています。
金属アレルギーが出た事がある方は御相談ください。
残念ながら保険適応の金属が御自身の体に合わない場合もあります。

「天然の歯と同じような色」でできますか?
→保険の被せ物(補綴)は前歯に限り表面に白いプラスチックを貼った銀歯が作成可能。
保険外になりますが陶器(セラミック)の歯ですと天然歯と色調が近い歯が作れます。

「陶器の歯」はどんなものですか?
→「陶器の歯」は複雑な色合いを経験豊富な技工士が作成します。
製作工程は複雑で手間が掛かります。
陶材を高温の炉で溶かしながら作りますので材質的に強く表面は滑沢です。
その為、汚れが付きにくい事も特徴です。
古くから実績のある従来型陶器(メタルボンド冠:金属補強有り)、
審美性に優れたオールセラミック冠があります。

「陶器のような歯」があると聞いた事があるのですが・・・?
→ハイブリッドレジンという材料です。陶器の粉が混ぜてあるプラスチックです。
始めは陶器と色合いが近いのでハイブリッドセラミックと称している場合もありますが、
年数を追う毎にプラスチックのように変色していきます。

Q)保証はありますか?
A)陶器は5年保証(1年目100%、2年目80%、3年目60%、4年目40%、5年目20%)。ハイブリッドセラミックは2年保証(1年目100%、2年目50%)。※ただし故意に破損した場合等を除きます。

Q)長持ちさせる為にはどうしたら良いのでしょうか?
A)歯は口の中でずっと使用します。発音、咀嚼等、機能させるものですので、徐々に傷んできます。歯だけではなく歯周組織も大事です。良いものはしっかり手入れをして長持ちさせましょう。

Q)金属アレルギーの治療はできますか?
A)最近、金属アレルギーの方が増えてます。
特に女性の方がアクセサリー等を使用する機会が多いので、女性に多い症状です。
もし金属アレルギーが発症した場合、皮膚科と連携して治療を進めていき、原因となる金属を慎重に取り除いて他の材料に置き換えていきます。
治療期間の目安としては2年間。治療成功率は60%以下と言われてまして非常に困難です。もし金属アレルギーで悩んでいる方は相談されてください。

Q)歯がグラグラですが、イイ歯を入れたら何でも咬めるようになりますか?
A)建物に例えると既に地盤が悪くなっている状態です。
ひじい歯科では可能な限り歯を残す方針です。
状況によりいくつか方法がありますので御相談されてください。
※痛みや症状が出てからでは手遅れの場合もあります。
どうも無くても定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることをお勧めします。